スキューバダイビングをやってみた

ダイビングのいろいろをかきまくっております!!

スキューバダイビングをやってみたかったどんな人でも、ダイビング免許が欲しいと願うあなたは、必ず気にせずお待ちしています。
出港場所が那覇でも北谷でも「5歳〜小学6年生」までのお子さんと一緒なら船長体験イベント&簡易カメラでの撮影(撮影回数1回)を差し上げます。できればこのタイミングでお手続きください。
沖縄らしい場所といえばやはり海でしょう。何種類もの青が織り重なった海の中を、沖縄ならではの明るい色合いで華麗な魚たちとたわむれる体験は一生忘れられない感動的な経験になるでしょう。
人気の美ら風は、粘土玉の状態から作る独特の「シーサー」、800種類以上から選べる色とりどりのガラス細工を組み合わせて飾り上げる綺麗な「キャンドル」や「オルゴール」など、自分の手による作品作りを経験できる素敵な体験工房です。
ダイビングをする事でいつもの生活をエンジョイしましょう。どんなきっかけでもスキューバダイビングの素敵さを理解すると初めての人でもいつもの毎日が広がります。
数日前に主催された盛況夏祭りin那覇、力を振り絞ったエイサーダンサーをともに感動致しました!今回の催しはあの那覇市国際通りで夏ごとに行われます。
沖縄の空と海、両方の爽快感を堪能できる良いアクティビティー、それがパラセーリングです。本島中央部の恩納村や北端の瀬底島、那覇、慶良間でのおしゃれなパラセーリングを安価に挑戦してみてください。
沖でのスキューバダイビング、夕暮れ時のクルーズ、魚釣り、ウェイクボード、初心者にもおすすめのシュノーケルツアー というような、各種マリンスポーツメニューをどうぞ満喫してください。
ダイビングは定年後からでも始められるのです。お年の制限は特にないというのが実情です。私が聞いているのは80歳を過ぎているのにダイビングを趣味として取り組んでいる方は大勢いらっしゃいますよ。
沖縄へ出かけるならどうしても足を運んでおきたい観光客向けのスポットを押さえ、日が落ちてからは華麗に船上ディナーはいかがでしょう。充実した旅になること間違いありません。
那覇市から西へ約15km行ったところにあるチービシ環礁はナガンヌ島と神山島、クエフ島の3島からできており、一際広い島が渡嘉敷村のナガンヌ島です。完璧な海と陸のコントラストを拝める綺麗な島です。
初めて沖縄に来たのですから、シュノーケリングが最適!水中の楽園で体験できる充実感と小さな魚の群れとの素晴らしい出会いがあなたのものになります。
貴重なクジラの魅力的な仕草を味わいたい!というクジラファンにはたまらない企画が、短時間のクルージングで進む素敵なホエールウォッチングです。
固有の動植物や様々な鳥など珍しい希少種も多く息づくやんばるの森がある地域では、感動的な自然の息吹に触れられるエコロジーな催行が多く行われています。
休みなく出航しているレストラン付の客船「モビーディック号」で沖縄県の華やかな夕日に染まった海原を見ながら、美味なお料理に舌鼓を打ってみたいものです。